ヨガインストラクター・ヨガ指導者のためのヨガビジネスメディア&求人サイト

YOGA Biz

ヨガビジネスコラム

メディア露出しているヨガインストラクターと自分を比べない。

更新日:

昨今、人気モデルさんや、タレントさんがヨガ本を出したり、インストラクター資格を取得されてますね。ヨガ雑誌を見ても、モデルさんや、タレントさんを起用したページが目立ちます。

芸能人ではなくても、一般のヨガインストラクターの方の写真を見ると、モデルさんのようなスタイルの良さ、美しさをお持ちの方が多いのも事実。

このようなメディア露出しているヨガインストラクターを見て、こう思うヨガインストラクターの方がいるようです。

「ヨガインストラクターになったら、有名にならなくてはいけない」

自分と他のヨガインストラクターを比べないこと

という私も、正直ヨガインストラクターデビュー仕立ての頃は、有名にならなくちゃいけないのかな、と少なからず焦ったことがありました。
職業柄、WEBブランディングの知識があったため、WEBサイトを通じてうまく自分をヨガインストラクターの自分をブランディングさせることで、デビュー後2ヶ月でメディアに出たり、雑誌に掲載される機会もあり、大きな看板を作ってもらうほどのイベントにも参加しました。

しかしメディアに出れば出るほど、自分の実力が追いついていないことに焦りを感じたり、同業者が偵察に来たり、この当時の私は、決してハッピーなヨガインストラクターではありませんでした。常に心が落ち着いていなく、メディアに出ている割には、生徒さんの集客もいまいちでした。

有名になりたいのは自分のため?生徒さんのため?

ヨガインストラクターの目標の一つとして、雑誌に掲載されているヨガインストラクターになることと、思う方もいます。
もちろん、それはそれで立派な目標の一つです。

でも、雑誌に掲載されるヨガインストラクターになるということ、この目的は何なのでしょうか。
そもそも、ヨガインストラクターとは、1人でも多くの方にヨガの良さを伝えることであり、自分が有名人になることではないです。
「有名になることで、ヨガを多くの方に知ってもらえるでしょ」
と、思う方がいるかもしれませんが、ヨガはそこまでニッチではありませんね。
むしろ、今現在ライフスタイルのトレンドと言っても過言ではないでしょう。

ヨガを教えたいという気持ちで、ヨガインストラクターになったのに、そこに有名になりたい、雑誌に載りたいと思い始めると、常に人と比べたり、焦ったりする気持ちが付きまとってしまいますね。

有名になりたいのは自分のため?生徒さんのため?

自分の心に今一度聞いてみてください。

生徒さんに満足してもらえるヨガクラスを提供することが最優先です

有名になりたいという自己顕示欲でヨガインストラクターになると、生徒さんがついてきません。
なぜかと言うと、生徒さんのためのヨガではなく、ヨガインストラクターとして、自分がどう見られたいかということばかり意識を注いでしまうからです。

優先順位が自分になったてしまうと、生徒さんは、自分が評価されるためのツールや、アイテムという考え方になってしまうのです。そして、その気持ちは生徒さんにも伝わります。

ヨガインストラクターはサービス業でもあります。
生徒さんが求めていることを、提供することができるヨガインストラクターなれば、自ずと集客、とメディアは後から自然に付いてくるでしょう。

-ヨガビジネスコラム
-, , ,

Copyright© YOGA Biz , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.