ヨガインストラクター・ヨガ指導者のためのヨガビジネスメディア&求人サイト

YOGA Biz

ヨガビジネスコラム

自分が受けたいヨガを自分のヨガプログラムとしても極めること

更新日:

この記事は2016年2月6日に公開したものを再編集したものです。

あなたは、どんなヨガプログラムが得意ですか?

  • リラックスヨガ
  • 骨盤調整ヨガ
  • ヴィンヤサヨガ
  • リストラティブヨガ
  • アシュタンガヨガ

自分オリジナルのヨガプログラムを作り出しても良いですし、様々なヨガプログラムがご自身で提供できるに越したことはないです。

しかし、ヨガインストラクターデビューしたばかりは、まずは自分が好きなヨガプログラムを自分のヨガレッスンでも極めることをおススメします。

自分の好きなヨガプログラムを自分のヨガレッスンで極める理由

理由は2つあります。

生徒さんになぜ、このヨガプログラムを受けてもらいたいかを伝えやすい

そのヨガプログラムを受けることで、体と心が良く感じることができるか、
そのヨガを受けることで、何を感じてもらいたいか、
それを自分が既に体感していることで、生徒さんにもそのヨガプログラムを受けることのメリットを伝えやすいですよね。

生徒さんを集客しやすい

ヨガインストラクターデビューしたばかりは、集客に悩むことが多々あります。
そこで、まずはあなたの売りとなるヨガプログラムであなたのヨガレッスンのファンになってもらうことが、集客への一歩となります。
集客したいがために、あれもこれも色々なヨガプログラムを実施しても、あなたの実力も分散し、ファンも分散します。
自分の売りはこれ!といったヨガプログラムをまずは極めてみてください。

自分が得意とするヨガプログラムが生徒さんに求められている内容かを判断するには

ご自身で考えたヨガプログラムが、生徒さんが受けて喜んでもらえるかどうかを判断する方法は簡単です。
プログラムを考えた後に、こう考えてみるだけのこと。
このヨガプログラム、自分はお金を払って受けたいか、受けたあと気持ち良かったと思ってもらえるか

そう考えると色んなことが見えてきます。

  • スタンディングのバランスアーサナにチャレンにするために、最初のストレッチでやっておいたほうが良さそう
  • 前屈、後屈が多かったから最後のクールダウンで体側とねじりを多く入れたら体のほぐしにバランスが取れそう

そんな目線でプログラムを考えてみてください。
ティーチャーズトレーニングで教えてもらったパターンにこだわる必要はないのです。
教科書の模範的なプログラムには効果がありますが、あなたの世界観をそこに生み出すのことは難しいです。

また、あなたが考えたプログラムを誰にでも好かれたいと思わないこと。あなたと同じ感覚で気持ち良さを感じてくれる生徒さんが、あなたの生徒さんになるのです。

そういった生徒さんを地道に探していくことが、安定したヨガビジネスに最終的に繋がります。

あれもこれも手を出さない

ヨガインストラクターデビューしたばかりは、色々な角度から集客したいと思って、あらゆるプログラムにチャレンジしたくなります。
それが悪いわけではありませんが、最初はまず自分の個性を見つけ、自分の世界観を見つけ、売りとなるプログラムを極めることが先決です。

Yoga Bizにコンサルティング依頼されてくるヨガインストラクターさんは、これができていないことが多く、ヨガをビジネスにする上で伸び悩んでいるのが事実です。

  1. まずはあなたの得意なヨガを極める
  2. そのヨガプログラムを通じて、あなたのヨガレッスンのファンを作る
  3. 慣れてきたら、あなたのファンの方に、あなたの別のヨガプログラムの良さも感じてもらう。

ヨガインストラクターとしてビジネスを成功させるために、このステップを丁寧に意識してみてくださいね。

-ヨガビジネスコラム
-, , ,

Copyright© YOGA Biz , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.