ヨガインストラクター・ヨガ指導者のためのヨガビジネスメディア&求人サイト

YOGA Biz

ヨガビジネスコラム

15. ヨガインストラクターとして有名になることを目標としない。

更新日:

Yogini(ヨギーニ)や、Yoga Journal(ヨガジャーナル)、ヨガ雑誌を見ていると、キレイでスタイル抜群なヨガインストラクターの方をたくさん目にします。
人気モデルさん、タレントさんも雑誌には登場しています。
モデルさんがヨガインストラクターを務めるヨガワークショップなんかもあります。

例えばあなたが、会社で経理や秘書の仕事をしていたとしましょう。
その職業で、雑誌に出ることって、まずないですよね。
でもヨガインストラクターは、メディア露出場所がたくさんある。

それによって

「ヨガインストラクターになったら、有名にならなければならない」

と勘違いしてしまう方がいます。

実力がつく前に、自分の名前と顔が世に出てしまうことの苦しみ

ヨガインストラクターして有名になること、それを目標にすることは悪いことではありません。
でも。有名になるということは、何か人の参考になる、際立ったヨガ知識がある、など、

この人みたいなヨガインストラクターになりたい
この人のヨガの知識を学びたい

と思われることに繋がります。

自分がヨガインストラクターとしての自信が付く前に、何かのきっかけで、メディアなどに露出してしまうと、現実とのギャップに苦しむことになります。

例えば
・同業者からの目も厳しくなります。
・あなたのヨガレッスンの期待値がぐんと上がります。

これは実際に私が経験したことです。

事例:メディア先行型になってしまったヨガインストラクターの苦しみ

私は職業柄、WEBやメディアについて詳しいため、私というヨガインストラクターの露出を増やすことがとても簡単なことでした。
その結果、ヨガインストラクター資格を取得しその2ヶ月には、60人近い参加者がいる大きなイベントに出たり、各媒体にとりあげられたり、渋谷の街を歩くとヨガインストラクターとしての自分が写真が露出していたり。

最初は嬉しかったけど、日に日にプレッシャーに押しつぶされそうになりました。

・自分はまだヨガインストラクターの経験があまりないのに、こんなに露出していいのか
・モデルでもタレントでも、元ダンサーでもない私が、人前に出ていいのか
・そんなに活躍してないのに、友達に「すごい活躍してるねえ」と言われる

また、各ヨガイベントでは、同業者の方が偵察に来られたりして、値踏みされるような態度を取られたりもしました。
その時はまだ自分に自信もなかったので、偵察される度に、逃げ出したい気持ち、穴があったら入りたい気持ちで押しつぶされそうでした。

そして、メディア露出してる割には、自分のヨガレッスンの生徒さんは全く増えませんでした。

活躍しているヨガインストラクターと自分を比べない。ぶれない心の軸を持つことがヨガ

インターネットの普及でヨガインストラクターの活躍を目にしたり、ヨガインストラクターのブログを読んで、なんとなく気分が落ち込んだりすることってありますよね。

でもそれは、
・人と自分を比べること
・人にこう見られたい

と思うことに繋がります。

ヨガインストラクターになったのは何のためですか?

誰かに認めてもらうためですか?
人に羨ましいと思われるためですか?

違うと思います。
ヨガが好きで、ヨガの素晴らしさを誰かに教えたい。または、自分のヨガを極めたい。
ヨガが好きというシンプルな気持ちがインストラクター資格取得のきっかけだったと思います。

その気持ちを大切にすることを忘れ、有名になること、人に羨ましいと思われたいを優先すると、いつになっても、ヨガビジネスは成功しません。上辺だけ成長して、本質が成長していないと、生徒さんは上辺より、本質をヨガレッスンに求めるのです。

まず、ヨガを仕事として生計を立てること。十分な生計が立てられることは、あなたというヨガインストラクターの需要が上がり、あなたの価値が上がることに繋がります。

その時、結果としてメディアがあなたを取り上げることになるのではないでしょうか。

-ヨガビジネスコラム
-, , , , ,

Copyright© YOGA Biz , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.