ヨガインストラクター・ヨガ指導者のためのヨガビジネスメディア&求人サイト

YOGA Biz

ヨガビジネスコラム

18. スタジオ選びのポイントは自分がまずそこでヨガをすること。

更新日:

ヨガレッスンを自主開催する時に、必ずやらなければならないこと。それが

開催場所・スタジオ選び

です。

これがなかなか大変です。私も、ヨガインストラクターの友達も皆苦労しました。
必ず自分が希望する場所の近くにヨガができるスタジオがあるとは限りません。

そして身を持って色々経験した結果、開催場所・スタジオ選びをする上でこれだけは絶対押させて欲しいというポイントがあります。そちらを今回は皆さんにお伝えします。

レンタルしたい場所でまず自分が最低30分でもヨガをしてみること

ヨガスタジオ、開催場所を借りる時、まず見学させてもらいますよね。
想像してた以上に広いし、駅からも近い、借りたい!と思ったら、そこで契約をせず、まずは投資金として、一度レンタルして、生徒さんを呼ぶ前にあなた1人でヨガを最低30分やってみてください。
そして、生徒さん目線で借りたい場所を検討してください。
実際に自分がヨガをしてみないと気づかない点がたくさんあります。

少し例を上げてみましょう。

1. 更衣室が狭すぎる。1人でもこんなに狭いのに。生徒さんが3名など同時に訪れたら入れない。
2. 更衣室が狭い以前に更衣室がない。必ずしも家から動きやすい格好でレッスンに来れる人ばかりではない。
3. 思った以上に床が寒い。
4. 最後のシャバアーサナで手足が冷えてしまう。
5. ドアから隙間風を感じる。
6. 暖房がなかなか暖まらない。
7. 窓からヨガをしてるのが目に入ってしまい、集中できない。
8. 10人収容OKと書いてあったが、ヨガマットを敷いてみたら、思った以上に隣の人との距離が近く、落ち着かなそう。
9. 自転車利用者の駐輪場がない。
10.トイレ周りが清潔感を維持できていない。

ざっと上げただけでもこれだけ見つかります。
これらの問題点は、生徒さんにとってリピーターに繋がらない大きな問題となります。

まとめ

ヨガを続ける大条件として。

1、お金を頂く以上は、快適なヨガ時間を提供できること。

2、レッスンに通う上でストレスや、心配ごとをあてないこと。

例えば、寒いというだけで、ヨガのリラックス効果は半減します。
女性は水周りや、更衣室が汚いことで、リラックス効果が半減します。

私も以前レンタルしていたスタジオで、あまりにも床が氷のように冷たく、かつドアから隙間風が入り、生徒さん以前に自分がもう続けられないと感じて、1回の開催でそのスタジオをレンタルするのをやめました。
生徒さんからも「体が冷えました」とのお言葉をいただき、申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまったことを今でも鮮明に覚えています。

レンタルしてから、生徒さんに気づかされたり、自分でうっすら気付いたでは遅いです。
自分の都合や、趣味嗜好で開催場所を決めるのではなく、生徒さん目線で開催場所を決めることを忘れないようにしましょう。

-ヨガビジネスコラム
-, , ,

Copyright© YOGA Biz , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.