ヨガインストラクター・ヨガ指導者のためのヨガビジネスメディア&求人サイト

YOGA Biz

インタビュー

ヨガレッスンのお問い合わせ先がメールアドレスなのはNGです

更新日:

ヨガインストラクターの方で、レッスンのお申し込み先をご自身のメールアドレスにしているケースをよく見かけます。

少なからずWEBサイト(ホームページ)、ブログで集客を考えているのであれば「お問い合わせ先がメールアドレスのみ」というのは、絶対に避けたい手段です。

このケースはヨガインストラクターだけでなく、ベビーマッサージなどのセラピストさん、自宅サロンをされている方も皆さんに共通する内容です。

あなたが提供するサービスの熱心なファンであったり、高い競争率が伴う人気クラスでもない限り、メールアドレスにお問い合わせとなっただけで、あなたのWEBサイト、またはブログからサイト訪問者はお問い合わせすることから離脱してしまう可能性が一気に高まります。

理由は、たった1つ。
自分で問い合わせ内容を文章に起こすのが面倒だからです。

メールアドレスにてお問い合わせして下さい=自分で文章書いてお問い合わせして下さい

というストレスを与えていることに繋がってしまうということです。

お申し込み者目線になって、ストレスを徹底排除

絶対にダメなお問い合わせ先例

-----------------------------------------------------------------------------
ヨガレッスンのお申し込み希望の方は以下の内容を
メールに記載して送信してください。

1、お名前
2、ふりがな
3、連絡先
4、メールアドレス
5、希望したい曜日とクラス
-----------------------------------------------------------------------------

このように、お問い合わせに必要な情報をメールで送信して頂く場合、以下のリスクが考えられます。

1、上記5つの内容を必ず記載してくれるとは限らず、漏れが発生し、連絡に支障をきたすリスクがある。

2、パソコンからの送信の際に、メールソフトと、項目内容が記載されているWEBサイトの2つの画面を開いた状態で、メール入力をしなければならない。

3、スマートフォンから送信の際に、メール入力画面と、インターネット閲覧画面をいちいち切り替えして、記載項目を確認しなければならない。

WEBサイトから問い合わせしたい理由は、手軽に24時間いつでも問い合わせできること

WEBサイトからお問い合わせする最大の理由をあなたはどう考えますか?

インターネットのメリット、それは

「24時間いつでも好きな時に連絡して、確認できること」

ですよね。できるだけお問い合わせの手間を省きたいのです。
それなのに、1からメールを書くような連絡手段をあなたが与えてしまったら、サイト訪問者は面倒になったり、また、時間がある時に改めて問い合わせしようという気持ちになってしまい、そのまま問い合わせせず、機会損失に繋がってしまうのです。

WEBサイトからの集客は必ずお問い合わせフォームを準備しましょう。

この記事を読んでいる方、皆さん経験あると思いますが、何らかのWEBサイトから、お問い合わせをする時に、そのお問い合わせ手段の95%はお問い合わせフォームから送信していると思います。

お問い合わせフォームのメリットは、
1、必要な情報を必ず入力してもらえること
2、必須制限をつけることで、情報不足を防ぐこと
3、WEBサイト訪問者が、何も考えずにスラスラっと1分程度で送信が完了できていること

です。

無料のお問い合わせフォームを今すぐ利用しましょう

では、お問い合わせフォームってどうやって準備したらいいの?何から準備したら良いか分からない方もいらっしゃると思います。ここでいくつかの手段をご紹介しますね。

Googleフォーム

5年以上前は、無料のお問い合わせフォームは広告だらけで、見栄えや、質が良いものではありませんでしたが、今はgoogleのアカウントを持っていれば誰でも簡単に広告なしのお問い合わせフォームを無料で作ることができます。
Google フォームはこちら

フォームメーラー

こちらも手軽に無料でフォームを作ることができます。
使いこなしていくと、どうしても月額1000円のフォームメーラーProが必要になってくるかと思いますが、まずは無料から使い慣れてみることをお勧めします。
フォームメーラーWEBサイト

まとめ

メールフォームサービスはインターネットで検索すれば、上記以外でも色々なサービスを見つけることができますが、まずは月々のコストを掛けずに、無料でできることからお勧めします。
私も仕事でGoogleフォームはよく使用していますが、大きな不便はありません。

今、メールアドレスをお問い合わせ先にしている方は、ぜひこの機会のお問い合わせフォーム作成にチャレンジしてみてくださいね。
お問い合わせ数が目に見えてアップする可能性を大いに秘めていますよ。

-インタビュー
-, , , , , ,

Copyright© YOGA Biz , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.